パーソナリティ養成講座 初級コースQ&A

パーソナリティ養成講座 初級コース受講のご検討に際して、よく頂戴するご質問と答えを掲載します。随時追記していきます。

Q:養成講座はだれでも申し込みできるのですか?
A:年齢、性別、居住地等の区分はしていません。どなたでもお申込みいただけます。ただし、応募者多数の場合は、姫路市を対象とするFMゲンキの存在意義に照らして、姫路市内にお住いの方、お勤めの方を優先します。

Q:養成講座を卒業したらパーソナリティになれますか?
A:FMゲンキへのパーソナリティ登用をお約束するものではありません。パーソナリティの登用にあたってはご自身の技術レベル・環境・欠員状況などによります。番組オーディションを開催する場合や個別に登用を打診する場合があります。尚、実践コース修了時に、希望調査を実施しています。

Q:書類選考はどのような基準で行いますか?
A:「受講志望理由」「目的」などを拝見させていただき、パーソナリティ登用への熱意を重視します。その他の項目についても、参考資料として拝見します。パーソナリティは、見たこと感じたことなどを言葉にかえて、リスナーに届けます。したがって、記入用紙に空白が多い方は、厳しいかもしれません。

Q:初級コースはどのような内容を行いますか?
A:「アナウンス基礎」を全12回で学びます。具体的には「発声練習」「滑舌練習」「アクセント」「鼻濁音・無声化」などです。

Q:初級コースが修了した後はどうなりますか?
A:初級コース(4月~6月)が修了した後、希望者は進級テストを経て「中級コース(7月~12月)」に進級できます。ここでは、基礎から一歩進んだ内容を学習します。

中級コース修了後、希望者は進級テストを経て「実践コース(翌年1月~翌々年3月:講座は翌年9月迄)」に参加できます。実践コースでは、講座(翌年1月~9月迄)に参加しながら、実際にサテライトスタジオを利用した生放送番組(パーソナリティ役・ディレクター役)を担当して頂きます。番組は受講人数にもよりますが、概ね1カ月に2-3回程度の順で回ってきます。

Q:カルチャーセンターのようなものですか?
A:いいえ。違います。FMゲンキのパーソナリティを目指していただく養成機関です。FMゲンキでは地元の情報を地元の声で発信するために、開局以来パーソナリティ養成講座を開講しています。お客様扱いはしません。かなり厳しいと思います。

Q:出席の基準はありますか?
A:出席率が8割未満になった場合は、進級できません。具体的には、初級コースは12回を予定しています。12回×0.8=9.6回ですので、3回休んだ時点で、中級コースに進級できなくなります。

Q:なぜ、そんなに厳しいのですか?
A:理由(1)は、「12回、凝縮して講座を行うため、1日でも休むと授業についていけなくなるから」です。理由(2)は、「パーソナリティ」を目指していただく講座ですので、「休む」という概念がありません。もし生放送を担当した場合は、よほどの理由が無い限り担当番組を休むことはできません。なぜなら、あなたの事情は番組を心待ちにしているリスナーには関係がないからです。それらを鑑みて、厳しい出席率を設定しています。

Q:休んだら補講はありますか?
A:ありません。振り返りも行いません。また、他の受講生の迷惑にもなりますので、配慮をお願いします。

Q:パーソナリティは社員待遇ですか?
A:違います。FMゲンキのパーソナリティは、プロとして「番組ごとの契約」としています。FMゲンキは少数運営のためアナウンス専任の社員(いわゆる局アナ)はいません。また、時給社員や契約社員の登用もありません。尚、委託料は交通費程度とお考えください。

Q:そんなに厳しいのに、受講する人はいるのですか?
A:ありがたいことに、毎年5~10人程度の受講生がいます。姫路市民の皆さんに役立つ情報を伝えたいという思いをもって、勉強をしています。

Q:受講料はいくらですか?支払方法はどうなっていますか?
A:1カ月4,000円です。講座は月当たり3~4回です。祝日の曜日廻りによって毎年回数が異なります。ご了承ください。支払方法は、4月・7月・10月・1月等、三か月分をそれぞれの初回の講座開講日に頂戴します。尚、資料等はまとめて準備をしていますので、途中でおやめになられても返金はできません。